kirakira komichi  ~ いまにまた逢いたいからひとりごと ~
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
いまさらAMD 780Gに換えてみた
2009-02-07 Sat 17:00
6年間愛用していた自作PCの声が最近おかしい。
CPUファンの挙動がヘン?
とりあえず動いているが、この夏危ないかも。。
と思いながらもなかなかフォローしなかったが、19インチモニターが酒と串で手に入ったのと、
早くモデルチェンジしろとデジうりがうるさいので、急遽設備投資した。


20090207dd_new_0000.jpg

まずは今回の具材を紹介。
CPUはDual-Core/2.50GHz/TDP45W と低消費電力をチョイス。
チップセットAMD 780G と組み合わせると、一層味を増すとの噂。期待。。

メモリはブランド物でも低価格だし、デュアルチャンネルに拘る私は、動作テスト済み同ロット
セットを選択した。


20090207h_new_0003.jpg

MBは無難にGIGABYTE GA-MA78GM-S2H、コストパフォーマンスでBIOSTAR TA780G M2+
と散々迷ったあげく、超低価格なMSIに決定。
赤い基板には憧れていて、いつか乗るつもりだった。。
日本人的発想なら間違いなくメモリスロットは緑緑橙橙だろ。同色に挿してデュアルだろうが。

ん~ リーズナブルなので付属品の少ないこと。
意味あんのか英語のマニュアルを雰囲気で読む。


20090207i.jpg

CPUクーラーはBOX物だが、このロゴがシビれる~

前にも言ったがゲーマーではないのでグラフィックはオンボードで十分。
それに780GはATI Radeon HD 3200を内蔵しDirectX10に対応している。
廉価版MBはストレージ系が抑えてあり、SATA2は4発、USBも他より少なくDVI-Dも付いて
いないが、価格から考えると相応な装備で、普通ユーザーに問題のあるものではない。
ただDVI-D端子がないことでD-Subがフニャ②で挿しにくいぞ!MSIが、この野郎、、

流用したビデオキャプチャがデュアルコアに非対応ということで動かなかったが、
パッチを当て、ドライバ更新や抜き差ししてたら動きだした。ラッキ~
6年前にくらべ、メモリの相性が、デバイスの不具合が、、などと手を焼くことがなかった。
エキスパートではないが、少々の知識はあるので、何も知らない人に自作は勧められないが、
初期投資はいるものの、2万円そこそこでイマドキのイタモノに交換できるから、
やっぱ自作はやめらんない。


20090207j.jpg

MB :MSI K9A2GM-FIH AMD 780G Socket AM2+ \5,480
CPU :AMD Athlon X2 4850e BOX \6,180
メモリ :CFD ELIXIR W2U800CQ-1GLZJ DDR2 PC6400 1GB×2 \2,680
HDD1 :Seagate(既存) ST380021A 80GB 7200rpm (\10,790)
HDD2 :HITACHI HDP725050GLA360 SATA2 500GB 7200rpm \8,000(去夏)
ビデオキャプチャ(既存) :LEADTEK WinFast TV2000XP Deluxe \(6,800)
DVD-R/RW(既存) :旧メルコ DVR-21FB (\17,390)
FDD(既存) :ALPS DF354H (\1,260)
ATXケース(既存) :NExtWave SUPERLIGHT(WHITE 350W) (\7,320)
モニタ :三菱 RDT195LM-H \串
変換 :ainex WAX-2024A 20pinATX→24pinATX2.2BTX \600

未使用 :変換 ainex PX-006 電源コネ大オス→ATX12Vオス \290


スポンサーサイト
別窓 | こう見えて技術系 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<AVGとB'sClipは同居できない | blog きらきら小径 | 観音屋☆チーズケーキ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| blog きらきら小径 |

i2i無料WEBパーツ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。